2011年07月04日

航空自衛隊

  
  
  こんばんわ^^陸自先生です。


  今日のゲームお疲れ様でした^^





  さて今日は先日手に入れたもの・・・・ 
  



  


  空自のパイロットヘルメット!!!  F-15で使用されてたもの!らしい


 


 
 もちろんショップ経由ではなくあるつてからの個人買w


 しかし空自は専門外で型番とかはよくわからん・・


 でもうちのF-15 のフィギュアとおんなじ。






米軍のじゃないかと細部をみてみるとところどころに日本製の部品w

 

 



良い買い物でした。  シールドに俺が写ってるけど気にしない。



そういえば第二回HRCTサバゲパーティーの日程が決定したようです。


近日中にけせせそ氏から発表があるとのことですw
Posted by けせせそ at 01:50│Comments(3)
この記事へのコメント
こちらの記事に掲載のヘルメットは航空自衛隊の装備品のFHG-2とMO-15酸素マスクで、現用装備品になりますが、個人売買としては個人所有出来ません。購入された方は速やかに所管の航空自衛隊に返納しなければなりません。警務隊が捜査として行動する前に返納してください。さもなくば、通報され、捜査対象になります。
Posted by 警務隊 at 2015年06月27日 20:39
それは、大変です!

でも、すでに正式に廃棄処分(貸し期限がとっくに過ぎている)さ
れたものでしたら、問題ないのでは?
我々の税金から作られたものです。本来ならば、壊されずに
展示用、コレクション用に民間へ払い下げられてもよいのではとも
思います。
(私も同じ程度のものを1セットコレクションでもっております。。。)
Posted by 民間人 at 2016年01月01日 15:54
当該装備は仮に廃棄処分となった場合は、部内で処分となり放出されることはありません。写真から拝見するにまだ装備品として使用可能かと存じます。繰り返しますが、航空基地内で処分されます。

貴殿の見解はあくまで貴殿の見解であり、法的に自衛隊装備品を民間で購入すること自体に問題があります。アメリカ軍の様な放出払下げ品としての考えて所有されると法的問題が生じます。

通常この装備品は民間に出回ることはありませんので、どのように入手されたのか分かりかねますが、明らかに基地関係者の可能性があります。盗難品の可能性もあります。陸自の知り合いの警務隊員に連絡してみます。このような装備の所有は本来民間人が所有すること自体が問題ですので、速やかに航空自衛隊の基地へ連絡していただき、どのように入手されたのかご説明頂き、返納していただければ貴殿は処罰を受けられることはございません。速やかに行動することを願います。これは問題事項なのですよ。
Posted by 警務隊 at 2017年01月31日 10:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。